toggle

一般社団法人フリーナンスAWS協会 一般会員規約

本フリーナンスAWS協会(以下「当協会」といいます。)は、当協会に入会した者(以下「会員」といいます。)の情報(個人情報を含みます。)について、以下のとおり取り扱います。

第1章 総則

(本規約の範囲)

第1条 本規約は、本協会の一般会員に適用される。

(定義)

第2条 本規約の用語の定義は、本協会の定めによる。

第2章 一般会員資格

(会員登録)

第3条 一般会員は、「フリーナンス」(トップページのURLは、https://freenance.net/)のアカウントの開設を完了した者であることを前提とする。同開設申込み及び本協会入会申込みの際に登録した情報は、真実かつ正確な情報であることはもちろん、フリーナンス利用規約に定める要件をすべて満たすものでなければならない。

2 一般会員は、登録情報が常に真実かつ正確な内容を反映するものであるように適宜修正するものとする。不正確な内容又は修正不備が原因で支障が生じても、本協会は一切の責任を負わない。

(入会費および年会費)

第4条 一般会員は、本条に定めるところに従い、入会費及び年会費(以下総称して「会費」という)を支払わなければならない。

2 年会費の対象期間は入会日から翌年の応当日までとする。

3 会費は入会時に銀行振込または登録したカード会社の定めるところにより、速やかに収納されるものとする。

4 会費の額は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1)入会費なし

(2)年会費3,000円(非課税)

5 一般会員がすでに納入した会費については、その理由の如何を問わず、これを返還しないものとする。

(一般会員の地位の取得)

第5条 事務局が身分証確認等の審査を行い、前条の入金を確認した時点で、一般会員の地位を取得するものとする。

(有効期間と更新)

第6条 会員登録の有効期間は、入会日から翌年の入会日相応日前日までの1年間(以下「初年度」という)とする。但し、一般会員から退会の申し出があった場合、本規約第12条に基づき一般会員資格を喪失した場合又は更新時に会費決済を行えなかった場合を除き、同一内容で自動更新され、以降も同様とする。

(退会)

第7条 一般会員は、所定の様式にて届け出ることにより、任意に退会することができる。但し、退会の2週間以上前に、当協会に対して退会の旨の予告をするものとする。

第3章一般会員の特典と責務等

(一般会員の特典)

第8条 本協会が一般会員に対し提供する特典の内容は、以下のとおりとする。

(1)フリーランスに関する情報(イベント開催案内を含む)の提供

(2)本協会が指定する団体保険(所得補償制度)への被保険者加入の機会の提供

(特典の対象者の範囲)

第9条 特典を受けることができる者は、一般会員本人に限る。

(特典の変更・一時中断)

第10条 本協会は、次の各号のいずれかに該当する場合、一般会員に対する事前の通知なく、特典の提供を一時中断することができる。これにより一般会員又は第三者が被ったいかなる不利益又は損害についても、本協会は責任を負わない。

(1)本協会のウェブシステムの保守を行う場合

(2)戦争、暴動、騒乱、労働争議、自身、噴火、洪水、津波、火災、停電その他の非常事態が生じた場合

(3)その他、本協会が、一時的な中断が必要と判断した場合

(一般会員の責務)

第11条 一般会員は、次に掲げる行為を行ってはならない。

(1)法令若しくは本規約に違反する行為又は違反行為を誘発若しくは助長する行為

(2)他の一般会員の利益を不当に侵害する行為

(3)本協会のウェブサイトの運営又はネットワーク・システムを妨害する行為

(4)他人の名誉、信用を毀損し、又はプライバシー権、パブリシティ権、著作権、その他の権利を侵害する行為

(5)本協会及び他の一般会員に対する誹謗中傷、脅迫、いやがらせ、その他経済的もしくは精神的損害又は不利益を与える行為

(6)民族・人種・出身地・性別・年齢等による差別につながる言動(ヘイトスピーチ)

(7)ポルノ、ヌード、猥褻的、暴力的な画像、その他一般会員が不快に感ずる表現行為

(8)情報を改ざん・消去する行為、又は事実に反する情報を発信する行為

(9)無限連鎖講を開設し、又はこれを勧誘する行為

(10)選挙期間中であるか否かを問わず、選挙運動又はこれに類する行為

(11)政治活動用の広告、宣伝、勧誘を目的とする行為

(12)宗教の勧誘を目的とする行為

(13)他人を名乗ったり、代表権や代理権がないにもかかわらず会社等の団体を名乗ったり、又は他の人物や団体と提携、協力関係にあると偽る行為

(14)ウィルス等の有害なコンピュータプログラム等を送信する行為

(15)第三者から収益を得る目的で特典を利用する行為

(16)他の一般会員の個人情報を収集・蓄積する行為

(17)反社会的勢力と関わる行為

(18)所得補償保険を不正請求する行為

(19)その他公序良俗若しくは一般常識に著しく反する行為、又は本協会が不適切と判断する行為

2 一般会員は、本協会からのアンケート、第三者へのイベント告知等依頼事項について、可能な範囲で積極的に対応するよう努める。

(違反行為に対する措置)

第12条 一般会員が本規約に違反した場合には、本協会は、当該会員に対し、特典の全部又は一部の利用停止、除名処分、公的機関への通報等の措置を講じることができる。

(個人情報の取り扱い)

第13条 本協会は、会員の情報について、本協会が別途定めるプライバシーポリシーに従い取り扱うものとする。

2 本協会は、一般会員が会員資格を失った場合、当該会員の個人情報を速やかに消去するよう努めるものとする。ただし、法令等諸規則に基づき本協会が継続して保有する必要がある情報についてはこの限りではない。

3 本協会は、個人情報及びその利用目的の開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者提供の停止の申出があった場合、申出をした者の本人確認をした上で、個人情報の保護に関する法律(平成15年5月30日法律第57号)及びその他関係諸規則の規定に従い速やかに対応するものとする。

第4章 本規約の追加・変更

(規約の追加・変更)

第14条 

本協会は、円滑な運営のために必要と判断される場合、本協会のホームページ等への掲載等の方法により一般会員に事前に通知のうえ、本規約を変更(入会金、会費、特典の内容及び利用料金の改定を含む。)することができるものとする。変更後の規約は附則記載日から有効とする。

第5章 その他

(免責および損害賠償)

第15条 一般会員は、本協会の活動に関連して取得した資料、情報等について、自らの判断により利用するか否かを決定するものとし、これらに起因して一般会員又は第三者が被害を被った場合であっても、本協会は一切責任を負わないものとする。

2 本協会は、一般会員間の紛争に関与せず、また、一切の責任を負わないものとする。

3  一般会員が本協会に損害を与えた場合、本協会は、当該会員に対し、被ったすべての損害の賠償を請求することができるものとする。

(連絡事項)

第16条 本協会が、一般会員に対し、次の各号に定める方法により通知を発した場合には、通知発出後合理的期間経過後に一般会員に到達したものとみなす。

(1)登録したメールアドレスへの電子メールの送信

(2)登録した住所への郵便物の発送

(3)本協会のウェブサイト上への告知

(条項等の無効)

第17条 本規約の条項のいずれか若しくは一部分が違法又は無効であると判断された場合であっても、その他の規定の効力は影響を受けないものとする。

(合意管轄)

第18条 本規約に関する準拠法は日本法とし、本規約に関する一切の紛争については、東京地方裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

(協議事項)

第19条 本規約の内容について疑義が生じた場合、又は定めのない事項については、信義誠実の原則に従い協議の上、円滑に解決を図るものとする。

以上、本協会の一般会員に本規約を適用するものとし、一般会員は本規約に同意し、遵守するものとする。

附則(2020年8月7日)
本会員規約は、2020年8月7日より施行する。

一般社団法人フリーナンスAWS協会